インタビューvol.7 ユニオン 立野純三さん【後編】

Photo by Maki Hayashida

B2番出口のすぐ隣にあるドアハンドルの会社「株式会社ユニオン」さん。日常的に触れるドアノブを〈ドアハンドル〉と名付け、3000種類以上ものオリジナル製品を作り、今や国内シェア90%以上を誇る会社さんです。前編では事業やこれまでの取り組みについて語っていただきましたが、後編では清澄白河とユニオンさんの関係とまちづくりについて、引き続き代表取締役・立野純三(たてのじゅんぞう)さんに詳しくお話を伺いました。(2019年5月)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Photo by Maki Hayashida
↑清澄白河駅B2番出口を出てすぐ右側を向くと、キューブ状の建物が見えます。1階はショールームとなっており、多種多様なドアハンドル達をご覧いただけます。

Photo by Maki Hayashida

 

清澄白河という土地はどのように選ばれたのでしょうか。

東京支店は最初は浅草にありました。事業が大きくなって、人も増えて、そこから三ツ目通りに行ったのですが、そこもまた狭くなって、偶然この場所にたどり着きました。(笑

当時山手線内側でないと人は来てくれなかったけれども、この辺りに駅ができたということで、この清澄白河の地にショールームを併設して移ってきました。

最近になって若者の店が増えてきましたが、やはり町には一つ、人を呼べるような刺激的な建物があればいいですよね。大阪ショールームのある堀江は元は家具屋が多かったのですが、家具が衰退後、ファッションの店が増えました。東京からのブランド、商品が派生して、若者を呼べるような街になりました。そういう風にしてルーツを元にまちづくりをしていくのがいいですよね。

 

Photo by Maki Hayashida
60周年の記念誌を開くと、普段見覚えのある扉の写真がずらりと。実はどれもユニオンさんのドアハンドルの写真!

 

ーショールームをこの土地に建ててから現在まで、風景や街の雰囲気の移り変わりをどのように感じていますか?

たまに清澄に来ると変化は感じます。マンションは増えてきましたが、まだ堀江のように人を呼び込めるような街までにはなっていないと感じますね。コーヒーのお店もできて、徐々に店が増えて、若い人が来るようになったら、その受け皿をどう作っていくか、それを引っ張っていく人がいるといいんじゃないですか。

商売というのは人を呼び込めます。新しいものをどんどんやらないといけない。古いものを残すでも、人を呼び込めるものでないと。江東区はオリンピックを前に注目を集めている土地ですよね。現代美術館もありますから、文化にも通じるところでもポテンシャルがある。

大阪のショールームはもともと倉庫でした。そこを改装してショールームにして、今は不定期で建築関係のイベントを行なっています。特注の和菓子を作って、それに合わせた金物を作ったりして、人を巻き込みつつ、多くの方と交流する機会を用意しています。

清澄の土地でも、一般の人に興味を持ってもらって、街づくりの何か力になればいいですね。

 

↑大阪にあるショールームでは不定期にイベントを開催されており、和菓子職人さんを招いてコラボ製品の発表もされたそうな。建築業界問わず交流の場にもなっているようです。清澄白河ショールームでも何かしたい!

 

//////

1Fエントランスの扉を開けると、形も⾊もサイズも多様なドアハンドルのショールームとなっています。普段の⽣活で⾒過ごしがちなドアハンドルですが、⼀度意識すると毎⽇⼿に触れている⾝近な存在だと気づかされます。 ショールームはどなたでも自由にご覧いただけるとのこと。 リノベーションや新築をお考えの⽅、あなただけの特別なドア ハンドルが⾒つかるかも!

Photo by Maki Hayashida

 

ところで、ユニオンさんの製品が清澄⽩河のいろいろなところで使われているのをご存知ですか? ユニオンさんの製品マップ@清澄⽩河を作ってみました。 普段見慣れている風景がちょっと違って見えるかも!ショールームを⾒たあとに町歩きも楽しんでみませんか?

1.ルビアン(ドアハンドル)
東京都江東区清澄1-8-10
Website , 食べログ

2.ポートマンズカフェ(ドアハンドル)
東京都江東区清澄2-9-14 ダイアパレス清澄公園 101
Website , Facebook , Twitter

3.精華堂あられ本舗(ドアハンドル)
東京都江東区清澄3-10-5
Website , Facebook

4.九吾郎ワインテーブル(レバーハンドル)
東京都江東区白河1-3-10 白河AKビル1F
Website , Facebook , Twitter

5.中村学園(ドアハンドル)
東京都江東区清澄2-3-15
Website , Facebook , Twitter

6.錣山部屋(ドアハンドル)
東京都江東区清澄3-6-2
Website , Facebook

7.YARD(ドアハンドル)
江東区清澄3-3-23
Website , Facebook

8.ブリジェラ(ドアハンドル)
東京都江東区三好2-1-6 ゴッドヴィレ1階
Website

9.東京都現代美術館(ドアハンドル、パーティションポール、消火器ケース) MAP未掲載
東京都江東区三好4-1-1
Website , Twitter

 

 

株式会社ユニオン
東京支店/アトリエユニオン
東京都江東区白河
2-9-5
<Website>
https://www.artunion.co.jp/index.html

 

—–
撮影:林田真季 Maki Hayashida
兵庫県出身、2011年より清澄白河に住む写真家。日本の里山風景を伝えるべく、制作活動を行っている。東京はあんまり好きじゃないけど、清澄白河は好き。
makihayashida.com
https://www.facebook.com/maki.hayashida.

インタビュー・文責:小池莉加 Rika Koike
台湾料理屋でバイトをしながら、東京都現代美術館の図書室と深川図書館に通いつめる学生時代を過ごす。場所と人の関係性についてゆるーく考えながら生活中。アトリエタキグチの記録係。
https://www.song-123.com
https://www.instagram.com/atelier_takiguchi/
—–

Sponsords Link

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Sponsords Link