第41回隅田川花火大会を清澄白河界隈の色々なところで鑑賞してきました。

 

毎年7月最終週の土曜日に開催される隅田川花火大会。今回は土曜日が大雨のため翌日に順延しての開催でした。清澄白河界隈で観られる場所を探してきましたのでご紹介します!

 

昨年第40回のレポートはこちら

 

①大横川にかかる三石橋からの眺め。スタート直後ということもあって人少なめ。第一会場の花火が見えます。

 

②一つ前の亥之堀橋。三石橋より少し人も増えます。

 

③扇橋。こちらは清洲橋通りでもあるので車の交通量が多い。。車の通る音で大変賑やかです。

 

④新高橋の上からも若干見えたりします。

 

⑤猿江橋が、今回訪れた中では人気スポットの一つでした。近所に住んでる方々がアウトドア用の椅子を持ち込んでお酒片手に楽しんでましたよ!扇橋ほど道幅も広くないので、交通量も少なめ。

 

⑥第一会場の花火が上がる様子が綺麗に見えます。猿江橋西交差点。交差点ゆえに観客はほぼゼロ。ですが、まっすぐ花火がうち上がっていく様子が見えるんです!とはいえ、車道に出ないようにお気をつけください。。

 

⑦東深川橋からは建物で花火が欠けます。無念。

 

⑧西深川橋も東同様欠けます。。ここから第二会場の花火!

 

⑨ラストです、高橋!2パターン!車道側と川側!第二会場の花火です!まず車道側から。

続いて川側。かつ清澄白河側。

 

ということで、サイズと音のことを言ってしまえば、打ち上げ場所付近で観るより物足りないところはあるものの、清澄白河界隈でも十分に隅田川花火大会を楽しむことはできます!

 

割と大きめで第一会場の花火を落ち着いて見るなら猿江橋。うるさくてもよければ高橋の清澄白河側でしょうか。次回はまた一年後ではありますが、今回のご紹介した場所を参考にしていただければ幸いです!

 

 

Sponsords Link

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Sponsords Link